大阪のフリー雀荘のマナー

靖子(以下妹)「今回は訪問者から依頼を受けた牌譜を
検討しようの巻です」
受け入れの広いリャンシャンテンのうちに、愚形は処理しておきたいですし、
テンパイだけでなく、イーシャンテンも形になる点も大きいです」
最初は桜井章一の『麻雀勝ち組の選択』です」
オタ風の切り順は麻雀マニアがドヤ顔で語るのを
好む分野ですが、私は南⇒西⇒北で
切るタイプです。

でも、どこか別のところが埋まった、もしくは
別の世界の 出来事のようです。

対面がリーチ。

本日まなみプロがゲストです。

とある日の鳳東2
親に対する守備が最重要命題。

普段は なかなか 行けないのでオフの
日に 約束しますね

妹「わけがわからないよ」
お店としては・手前に何回か麻雀をしてもらうことにより、売上増

なお、お名前は、ご苗字の頭2文字のみの
記載です(店内には、ご苗字を記載しています。

第一に自分が和了ること(収入最大化)、
ことです(支出最小化)。

兄「うん、いいね。

ただしさすがに2枚では勝負できない。

写真撮影にも快く応じてくれました。

南家からサンピン切りでリーチがかかりました。

小さ目の部屋に、アルティマ1台を入れました。

ハァ何度幻の跳満を見た事か。

ブログ更新する気も起きないくらい調子が悪いです。

攻めてしまった。

あ、ツモっちゃった(笑)
世間からみれば付き合いであっても どっかに 心を感じますね、、、、、、。

しかも裏3とか。

靖子(以下8筒を切って打点を3,900に下げるのは私の麻雀じゃないです」

しかしテンパらない。

だが、使うのであれば、これほど便利な武器はない。

そんなこんなで今日からまたがんばります。

ネーミングが チョットという 気がするが
Esola と 英語にすると 何となくそれなりだね
まとめて決済注文出してるけど
リーチ棒を出すと二着に転落。

ペチョーリンの雀荘の魔術師日記
まあゼンツでしょう。

下家の現物持っておきたいと思って7m切ったらポンされちゃいました。

あーわからない。
上家 打 七萬
上家は完全に勝ち役、要チェック。

跳満はありません。

やっぱり麻雀は面白い。イン大阪

おすすめ記事

広告
この投稿は7月 18, 20131:57 amに公開され、大阪 雀荘 カテゴリーに分類されています。 パーマリンクをブックマーク この投稿へのコメントを RSS フィードで購読できます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。